SEO対策とは!?

このページでは、SEO対策について説明します。

SEO対策のSEOとは”Search Engine Optimization”(検索エンジン最適化)の略称です。

検索エンジン(GoogleやYahoo!)のルールに準じていて情報として優良であるWEBサイトを作ることで、対象のWEBサイトを検索結果の上位に表示することを意味します。

Googleの検索指標は二つあります。一つはキーワード選定、検索したときに例えば「京都 ホームページ制作」と検索するとします。その際に、京都とホームページ制作がページの中に入っているサイトをAIロボットが探します。そしてそれを表示する指標です。もう一つは、順位の指標です。この順位はたくさんの条件によって定められているのですが、Googleは検索した人にとって有益となる情報を上位にくるようにしています。その順位を一位にしましょうというのが、SEO対策というわけです。

簡単にユーザーがGoogleなどで検索した際に上位にくるようにしようねって対策のことです。

SEO対策がもたらすメリット


SEO対策を行っていると、サービスや商品に関連するキーワードを検索した人を自分のサイトに訪問し、思い通りの行動をしてくれて、高確率で目的を達成することができます。

目的を達成するというのは、問い合わせ数を増やすことや売り上げをアップさせることなどをいいます。

それは、紙媒体などの広告の予算を使うことなく、ネット上のみの対策で集客ができるということです。

・検索上位に来ることによって、ユーザー(利用者)の信頼感を得られることも分かっています。

上位にくるということは、ユーザーの検索結果にとって、良し悪しを判断しサービスや商品を表示してくれていると認識しているからです。

・長期に渡り安定した集客を望むこともできます。

GoogleのSEO対策のアルゴリズムは進化を繰り返し、よりユーザーにとって有益である情報を検索上位に来ています。Googleなどの検索エンジンは日々進歩し、評価基準が安定した今では、しっかりとした対策を練ることによって、その順位は安定します。その対策というのは、専門性、信頼性、権威性が求められています。

・集客コストを大幅に下げられます。

SEO対策は、技術でどうにかなります。たくさんの情報から仮設、検証、分析を行うわけで、その結果から技術を施し上位を狙います。基本無料ですべて出来るわけです。しっかり対策を狙うことができれば無料で集客ができ、上位にくることでユーザーから信頼を得ることができ、SEO対策を身に付ければ集客コストを下げられます。

これらが主なメリットとなります。これらの結果に結び付けるには次に示す弱点と解決策を理解しなければいけません。

SEO対策の弱点とその解決策

SEO対策は集客アップやコスト削減などWEBサイトをもっている人からしたらとても必要なものですが、対策をする際には注意する点がありますので、把握する必要があります。

効果が出るまでは一定の時間が必要です。WEBサイトは修正後、半年ほどはなかなか評価が上がりません。

なぜならば、新しくWEBサイトを作ったとしても検索エンジンがそのサイトを見つけるまで時間がかかること。GoogleのAIロボットは一日に何千万ページ増えているネット世界を飛び回っています。なので、そのページを認識するのに時間を要してしまい、いくら有益な情報といえどそれを認識するまでに時間が掛かってしまうのは物理的に仕方のないことだと認識しなければなりません。

既に公開しているサイトのほうが多くの利用者が閲覧していることを検索エンジンでは理解しているため、検索上位にくることにはある程度の時間が必要だということになります。

そして最後にSEO対策というのは、あくまでも仮説であり、正解を知る術はないということです。

検索エンジンは意図的に検索結果を操作するすべての行為を禁じています。SEO対策に対する解決策はトップシークレットであり、絶対に公表していません。

つまり、色々な本やネットの情報にあるSEO対策の方法論というのは、正解ではなく、あくまでも仮説ということを理解しておかなければなりません。

制作会社や企業の中には、SEO対策に対する報酬を頂いているところもありますが、それらは確実な結果を得られるという保証はどこにもないので、受注する際には、どのような対策を練るのかということをしっかり聴取してから依頼することが必要です。

SEO対策は誰にでもできるのか

SEO対策は誰にでもできます。

専門的な知識は必要ありません。そこで、SEO対策の基本的な4つを紹介します。

1 WEBサイトのシステムやサーバーによってSEOの効果が変わってきます。

しっかりとした作成環境を整えることが必要です。またサイト内の構造によって適切な評価をもらえない場合もありますので、AIロボットが巡回しやすいような構造設計(他ページへの行きやすさ等)を理解しておかなければいけません。

2 良質なコンテンツを制作する必要があります。

作成環境を整えた後は、正しい文法のコンテンツを作成します。これは、画像や動画よりテキストの方が評価は高いので、適切な文章を書くことで高い支持を得られることができます。

3 継続的に運用することが重要です。

一度作ったサイトが完璧に評価されることはありません。常に分析と試行を繰り返し改善しながら運用していくことで、検索上位にくることができます。

4 環境対策を練る必要があります。

具体的には、WEBページの表示速度にかかわるサーバー処理能力、スマートフォンやタブレットなどの複数のデバイスへの表示対応などが環境対策に含まれます。

今後のSEO対策

IT技術やWEB世界は常に進歩し続けています。現在では、文章の意味や文脈をすべて把握することは出来ていないとされています。

なので、キーワードの数を把握し、そのコンテンツが最適かどうかを判断しているともいわれています。

しかし、今後の検索エンジンの進化を考えると必ず文脈も理解し始め、文法のおかしなコンテンツは検索上位に来ないことが予想されます。なので、長期的に考えれば、現時点において文法にこだわった最適なコンテンツを作成することは非常に良い対策となります。

検索エンジンはあくまでも利用者の希望を叶えるために評価基準を追及しているもので、検索エンジンが良いと評価するものは利用者が求めるものと一致してくると考えられます。

それは、利用者にそのWEBサイトの価値を提供し、愛され使われ続けるWEBサイトの作成に繋がります。

いかがでしたでしょうか。これらがSEO対策というものの本質な部分です。簡単には書きましたが、効果と注意点、今後の展開を記述させていただきました。

次回の投稿では、SEO対策の方法論(初級編)を説明していきたいと思います。

関連記事

  1. 【全て分かる】ブログ、アフィリエイトSEO対策の集客(かなり長文)

  2. ホームページ制作を依頼するときの7つの注意点!

  3. ホームページ制作に掛かる諸費用

  4. 制作会社かフリーランスどちらがおすすめか!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。